カテゴリー: ムダ毛に関する記事

子どもの頃からのムダ毛の悩み

必要ない毛に苦悩する方はたくさんいるかと考えます。

かくいう私もそのひとりです。

他人に見えないところでしたらなんとかごまかす事が可能なのですが、必要ない毛が生えるのはそうと限った事ではないのです。

人前でさらさなければならないケースは、なんとも照れくさいものです。

私は娘のころから体毛の濃度に悩まされていました。

特に気にしていたのは、すね毛です。

地肌が見えないくらい、毛で覆われているのです。

ですので、よく娘のころからバカにされてきました。

体育の時は最悪でした。

短パンで受けなければならないため、多くのすね毛が丸見えです。

それを見た友だちから「ケモノ」というあだ名をつけられてしまいました。

青年期真っ盛りの私は深く落ち込んで、体育の時が苦しみでしかたないのですでした。

本当は、自己流で脱毛した事があるんです。

最初に試してみたのは、ガムテープです。

すねに貼って思いっきり剥がすという控えめなものですが、これがとにもかくにも痛いのです。

非常に何度も続ける事ができなくて、二、三回で断念してしまいました。

すね毛を剃った事もあります。

クリームを着色したあとに、カミソリを使っておこないました。

ただし、これが面倒臭いのです。

非常に時がかかります。

更に、結局は他にも生えてくるばかりか、毛もより濃くなってきたようなフィーリングを受けました。

これも長い間は続きませんでした。

というわけで、社会人となった実際でも、私のすね毛は多いです。

どうせならの事、専門クリニックで脱毛してもらおうかなと腹積もりています。

ムダ毛について考える女性

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez